レガシーコードからの脱却

レガシーな職場でも独学でどうにか頑張っていくブログです。

お勉強記録

【お勉強記録】C#文法学び直し。並列処理2

前回に引き続き並列処理について Task Taskクラスは.NET Framework 4から使えるクラスで、重い処理を最小限に抑えるためにうまくやってくれているそうです。 前回のを書き換えてみました。 using System; using System.Collections.Generic; using System.Li…

【お勉強記録】C#文法学び直し。並列処理1

並列処理 仕事では業務アプリを主に担当しているのですが、仕事上で並列処理を使われているのを実はほとんど見ません。 (実行ボタンを押してから、処理完了まで30分以上かかかるものも多々あるのに…その間はプログラムはフリーズ状態です…) 並列処理、マルチ…

【お勉強記録】WPFデータバインディング3

コレクションのバインディング using System; using System.Collections.Generic; using System.Linq; using System.Text; using System.Threading.Tasks; namespace _0721Study { class UserCollenction { public UserCollenction() { User user1 = new Use…

【お勉強記録】WPFデータバインディング2

型コンバーター データバインド「もと」と「さき」で異なる型になる場合があると思います。 例えば、Textプロパティに対して日付型をバインドした場合、日付型をToString()形で自動変換されたものが表示されます。 前回の例でいうとDateTime型の「誕生日」は…

【お勉強記録】WPFデータバインディング1

現在の職場においてもWPFを使って書かれたソフトがあり、ときどき触ります。 その職場で触るコードなのですが、データバインディングを行わず、 コードビハインドコード内で、直接コントロールのプロパティを変更しております…。orz データバインディング xa…

【お勉強記録】C#文法学び直し。イベント

イベント Visual Studioによって、特に考えることなく、イベント機能を使っていましたが、 イベントはあらかじめ、メソッドの参照オブジェクトを保有しておくことで、機能を実現しているようです。 イベントは発生を監視するイベントループと、イベント発生…

【お勉強記録】C#文法学び直し。ref

参照渡し メソッドに引数を渡すときに値ではなく引数の参照を渡すことができます。 メソッドと呼び出し側双方ともに「ref」をつけることで参照渡しであると明示します。 呼び出し側でrefと書くのは知らないうちに参照渡しになっていて、値が書き換えられてい…

【お勉強記録】C#文法学び直し。マルチキャストデリゲート

マルチキャストデリゲート デリゲートオブジェクトは複数のメソッドを管理することも可能で、それをマルチキャストデリゲートと呼ぶそうです。 using System; namespace test { class Program { delegate void Greet(); static void Main(string[] args) { /…

【お勉強記録】C#文法学び直し。匿名メソッド・ラムダ式

前回学んだデリゲートから、さらに匿名メソッドとラムダ式を自習。 匿名メソッドとラムダ式 匿名メソッドは名前のないメソッドのことで、デリゲートの生成においてその対象を直接埋め込む際に使うことができます。 匿名メソッドはさらに簡易的に書くことがで…